医療費控除の書き方が変わりました

同じ健康保険に入っている家族の医療費が、年間で合計10万円以上の高額になった場合に、確定申告により医療費の控除をおこなえます。
今年度、平成29年度分から医療費控除の書き方が変わりました。
今までは、医療費の一覧を書いたものに領収書を併せて、確定申告で提出していました。
新しく変更になった部分は、領収書の提出が必要なくなりました。
健康保険組合などに加入している方は、かかった医療費のお知らせが届いた場合、そちらを提出できます。
また、お知らせがない場合には、病院にかかった人ごとの集計をまとめています。
夫がA病院で年間でいくらかかったか、B病院、C病院、というふうに集計します。
同様に交通費も年間でまとめます。
妻、子、と各々まとめて、紙に書いて提出するようになりました。
これが受診回数が多いと一から家族個人、病院毎にまとめて、計算する作業に時間を取られてしまいます。
領収書は提出するよう求められたら出せるように、自宅に保管しておきます。
来年度に向けて、前もって各々、病院に受診するごとに小計を計算しておくと、確定申告の際に手間がかからなくて済むでしょう。